2009年1月アーカイブ

販売動向

| コメント(0) | トラックバック(0)

不景気がもろに影響して売り上げが低迷しています。

そんな中で伸びているのはネットでの販売ですが

もう一つあります。

それは地元のスーパーでの販売です。

8年前からあるスーパーの定番コーナーで販売していますが

発売当初はすごく売れました。

ところが1年経ったころからコーヒーの価格競争が始まり

1g1円レベルの安いコーヒーが続々登場し

不況と相まって販売量が落ち込みました。

その後は一部の顧客が支えてくださって

そこそこの売り上げが続いていましたが

昨年末から突然売れ行きが上がってきました。

原因を私なりに考えてみました。

思い当たるのは派遣切り、リストラが騒がれだしたころからで

この時期から消費者の財布の紐が固くなり

コーヒーを専門店で買っていたのがスーパーで買うように変化したようです。

そしてスーパーのコーヒーの中では高いけれど

専門店よりは安い当店のコーヒーが支持されているようです。

早く経済が持ち直して

専門店でコーヒーを買っていただけるようになってもらいたいものです。



ベトナムコーヒー

| コメント(0) | トラックバック(0)

電話でベトナムコーヒーを置いているかと聞かれました。

数年前にブームになりましたが今では殆ど聞かれません。

ベトナムコーヒーと言うのは豆の種類では無く淹れ方のことです。

只ベトナムの生産豆は大部分が質の劣るロブスタ種です。

ロブスタ種は殆どがインスタントコーヒーに使われますが

アイスコーヒーなど深煎り豆にも利用されます。

でもあまり配分を増やすとなんとも言えないエグい味になります。

値段が安いのでこれを多用するメーカーもありますが

そうやって作ったコーヒーを飲むと後味が悪く

水を飲まないと気持ちが悪くなります。

話を元に戻してベトナムコーヒーでは

そのロブスタ種を深く煎ったものを使用します。

それをブリキ缶の下に穴が開いたもので濾します。

下に受けるカップには練乳を入れておきます。

そうしてできたコーヒーは苦味と練乳の甘みが相まって

独特の味となります。

これはこれで一つの文化と言っても良いかもしれません。

ただし日本人はすぐブームにして飛びつきますが

飽きるのも早いので定着はしなかったようです。

淹れ方が面白いのですがそれには訳があります。

独特のブリキ缶でドリップするのは

実はペーパーフィルターを使い捨てするほど裕福ではなかったからで

穴からコーヒーの粉も一緒に入ってしまいます。

又、フレッシュミルクで無く練乳を使うのは

冷蔵庫が普及していなかったので常温で保存できる為だったようです。

こういう裏を知ると面白いものですね。



アーカイブ

最近のコメント

送料込 ブレンド3種類入 お試しセット 100g×3種⇒1240円、200g×3種⇒2170円

メッセージカード同封いたします

売れ筋ランキング
第1位
鞆の浦ブレンド
鞆の浦ブレンド
620円 / 200g
第2位
ゴールデンブレンド
ゴールデンブレンド
620円 / 200g

第3位
鞆の浦ブレンド
鞆の浦ブレンド(業務用)
2,480円 / 1kg(5kgより)
第4位
イタリアンブレンド(業務用)
イタリアンブレンド(業務用)
2,480円 / 1kg(5kgより)

第5位
モカ
モカ
700円 / 200g