アラビカ種

| コメント(0) | トラックバック(0)

缶コーヒーのコマーシャルには

専門知識を持っていなければわからない単語が頻繁に出てきます。

曰く「ネルドリップ製法、アラビカ豆100%,、直火焙煎、新豆使用」などですが

皆が知らない言葉を多用することに依って煙に巻くとか

箔をつけるとかいった感じが見えます。

これはコーヒーに限ったことではなく車のコマーシャルでも

横文字を連発して豪華さを演出しています。

ちょくちょく耳にする「アラビカ豆を使用」について説明しましょう。

コーヒー豆はアラビカ種とロブスタ種に大きく分けられます。

他にもいくつかありますが主だったものはこの2種類です。

アラビカ種とロブスタ種ではアラビカ種の方が高品質で高価格となっています。

ロブスタ種は苦味と渋みが強く

主にインスタントコーヒーや缶コーヒーに使われています。

缶コーヒーの製造業者はそこからアラビカ種を使用しての宣伝を考えたのでしょう。

ロブスタ種はレギュラーコーヒーにも使われており

苦味を強調するときには効果的です。

但しこれを沢山使うとエグ味が出て何ともいえない嫌な味になります。

その為ロブスタ種を使って原価を下げたい業者は深く煎ることで

味を苦味だけにしてごまかすといったことも見られます。

又前述したアラビカ種は高級と言うことにも問題はあります。

アラビカ種の中も上と下では大違いだからです。

ブラジルサントスやコロンビア、グァテマラはアラビカ種ですが

その中は何階級にも分けられています。

米を短粒と長粒に分けて短粒ならどれも一緒と言うのと同じことです。

日本で作られる短粒にも品種や地域や生産者によって大きく差があることは

皆さんがご存知の通りです。

ですから「アラビカ種使用」と言ってもそれだけで高級だとか

おいしいだとか言うことにはならないと理解して頂けたでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://watanabe-coffee.com/mt/mt-tb.cgi/3650

コメントする

アーカイブ

送料込 ブレンド3種類入 お試しセット 100g×3種⇒1240円、200g×3種⇒2170円

メッセージカード同封いたします

売れ筋ランキング
第1位
鞆の浦ブレンド
鞆の浦ブレンド
620円 / 200g
第2位
ゴールデンブレンド
ゴールデンブレンド
620円 / 200g

第3位
鞆の浦ブレンド
鞆の浦ブレンド(業務用)
2,480円 / 1kg(5kgより)
第4位
イタリアンブレンド(業務用)
イタリアンブレンド(業務用)
2,480円 / 1kg(5kgより)

第5位
モカ
モカ
700円 / 200g