豪傑伝

大物 Yさん その3

| コメント(0) | トラックバック(0)

Yさんと一緒に福山駅のすぐ近くの店で働いていた頃

ある男が立飲み屋を見つけてきました。

私達が働く店から50mの所にある普通の酒屋ですが

その酒屋の入り口のすぐ横にもうひとつ入り口があり

そこから入ると立飲み屋になっているのです。

そこでは瓶ビールでも缶ビールでも店の値段と同じで飲めるし

つまみもそこそこ乾き物を中心に置いてあるのです。

安いし面白いので私達はすぐ常連になりました。

入り口を入るとそこに新聞広告を15cm角に切ったものが

ひもで束ねられて掛けてあります。

それを各自1枚ずつ破りカウンターの上に置きます。

これがどういう意味かわかりますか?

実はこれが皿になるのです。

そして頼んだゲソ天やピーナッツをその紙の上に置き

ビールや日本酒を飲むのです。

コップはビール会社の名前が入ったものを出してくれ

日本酒は1杯ずつの量り売りです。

酒もつまみも頼むたびに金を支払う明朗会計です。

このシステムはロサンゼルスのハリウッド・ルーズベルトホテル1階のバーと

全く一緒でした。

アメリカの高級ホテルのバーと福山の立飲み屋が同じなんて面白いものです。

Yさんと飲んでいるとドアが開き一人の老人が震えながら入ってきました。

震える手でカウンターの上に100円置き、

「しょうちゅう。」

と消え入るような声でいうのです。

店のおばさんが4リットル瓶に入った焼酎をコップに注いでカウンターに置くと

震える手を伸ばしそれを一息で飲み干ししっかりした足取りで帰って行きました。

私達はあっけにとられました。

その老人はそれからも何度か見かけましたが

ある日入ってきたらおばさんが

「今日はもういけん、もう5回目じゃが。」

と言い、すがる老人を追い返しました。

そんなある日その老人にYさんが話しかけ

つまみを勧めたり1杯おごったりして仲良くなったのです。

私はよくやるなーと思いながら近づきませんでした。

それから数日経ったある日Yさんが

「あのじいさんが上で寝とったで。」

というのです。

私達の店は7階が食堂街になっていて

そこにはいくつかベンチが置いてあります。

空調の効いたそのベンチでその浮浪者らしき老人は

毎日時間をつぶしていたのでした。

すごい知り合いを作ったものです。



大物 Yさん その2

| コメント(0) | トラックバック(0)

寝台特急に乗り込むとすぐ車掌がやってきたので

「福山まで2枚。」

と言うと車掌が

「これは福山には停まりませんよ。」

「えっ、じゃあどこで降りられるんね。」

「次に停まるのは岡山です。

普通の特急料金だけいただくから寝台には入らないでください。」

とそこの椅子で岡山まで行くように言って立ち去りました。

するとYさんは飲んで気持ちよくなっていたので

そっと空いているベッドを見つけ友人とそれぞれもぐりこみました。

そしてうとうとしながら時間がたち、ふと列車が停まっているのに気づいて

外を見るとそこには京都の文字が見えたのです。

吃驚仰天したYさんは友人を起こしあわててドアに向かいましたが

なんとドアが開かないのです。

必死でドアを開けようとしていたら車掌がやってきて

「あんたら、どこにいたんね。岡山でずいぶん探したんで。」

「それよりはよー降ろしてくれー。」

すると車掌は

「ここでは降りられんで。

ここは時間調整のため停まるだけで乗降駅じゃ無いんよ。」

「じゃあどこで降りられるんね。」

「次に停まるのは名古屋よ。」

二人は絶句しました。

名古屋に着いたら連絡を受け待っていた鉄道公安官に連れられ

駅長室へ入れられました。

そして色々事情聴取を受けた後、名古屋までの乗車賃と

特急料金を支払うよう言われました。

Yさんはそれを全部払ったら福山まで帰れないと必死で交渉し

福山までの普通乗車券が買えるだけ残してもらい有り金を全部支払ったのです。

そして鈍行を乗り継ぎ、福山に辿り着いたのは翌日の昼過ぎだったそうです。



大物 Yさん

| コメント(0) | トラックバック(0)

私の人生の中で数々の大物に出会いました。

殆どの人は私と同様、小市民ですが

時折、あっと驚く人に巡り合います。

以前書いた大学の恩師、F教授や友人Mも大物ですが

他にも面白いエピソードの人がいますから随時紹介致します。

私が大学を出て就職したのはある流通業の会社です。

そこで出会ったYさんの事です。

Yさんは酒飲みでおしゃべりで楽しい一面と

上司に逆らう頑固さとを持ち合わせている人でした。

Yさんが福山市で働いていたとき昔の友人が訪ねてきました。

懐かしさから一杯やろうということになり仕事が終わって

友人の知っている三原市の店に行きました。

遠いのに良く行ったものですがそこでいい気持ちになり

次はYさんが知っている福山の店で飲みなおそうということになったそうです。

これだけでもちょっと異常です(福山と三原は当時国鉄で40分かかります)が

問題が起きたのはここからです。

三原駅で電車を待っていると入ってきたのは寝台特急でした。

ほろ酔い加減のYさんは

「おお、これの方が速い。」

と言って友人と乗り込みました。

(続く)



アーカイブ

最近のコメント

送料込 ブレンド3種類入 お試しセット 100g×3種⇒1240円、200g×3種⇒2170円

メッセージカード同封いたします

売れ筋ランキング
第1位
鞆の浦ブレンド
鞆の浦ブレンド
620円 / 200g
第2位
ゴールデンブレンド
ゴールデンブレンド
620円 / 200g

第3位
鞆の浦ブレンド
鞆の浦ブレンド(業務用)
2,480円 / 1kg(5kgより)
第4位
イタリアンブレンド(業務用)
イタリアンブレンド(業務用)
2,480円 / 1kg(5kgより)

第5位
モカ
モカ
700円 / 200g