昭和時代

三つ子の魂

| コメント(2) | トラックバック(0)

私が小学生の頃よく遊んだのが福山市の中央公園です。

ただ広いだけで何も無く、夏になるとお化け屋敷ができたり

時々プロレスの興業があったりしました。

モーターショーがあってワッペンを貰って回ったのも覚えています。

5年の頃、市民会館ができてとても立派な公園に変身しました。

2,3年の頃そこには紙芝居のおじさんや

関東煮(かんとうだき おでんの事)のおばさんが来て子供に人気がありました。

紙芝居を見るためには水飴を買わなければいけません。

1本5円の水飴を舐めながら紙芝居を見ます。

最初にクイズがあります。

私は得意だったのですぐ手を挙げていました。

正解すると水飴をもらえます。

5円でいつも2本 手に入れていました。

3問ぐらいあったのですが2回目はもう答えさせてくれません。

おじさんは公平だったのでしょう。

紙芝居で最も多かったのが「黄金バット」です。

後に中学生の時テレビで放映され子供ながら懐かしかったものです。

関東煮も1本5円でした。

1日10円の小遣いでしたから紙芝居を見ても1本買えます。

子供心に大きいのを選びます。

するとコンニャクか竹輪になります。

食べた気になるためカラシをたっぷりつけます。

鼻にツーンとくるのがたまりません。

涙がでます。

その時からおでんはコンニャクが一番好きになりました。

次に好きなのが豆腐です。

以前友人たちと飲みに行っておでんの盛り合わせを頼んだときのことです。

皆が好きなものから食べようと決め

私がコンニャクと豆腐と言ったら全員が驚きました。

全員いわく一番最後に残る2つだそうです。

みんなハングリーな子供時代を送っていないんですね。



懐メロ

| コメント(0) | トラックバック(0)

CDレンタルでフォークのCDをを沢山借り

パソコンに取り込んで聴いています。

どの歌にも懐かしさがあります。

当時の思い出も甦ってきます。

高校時代よりも大学時代の歌に思い入れがあります。

京都の景色も浮かんできます。

友人と徹夜で語り合うなど

高校生にはできない事をやっているからかも知れません。

同じゼミには北海道から鹿児島までいろんなところから来ていました。

今みんなどうしているのか知りたい気もします。



出前

| コメント(0) | トラックバック(0)

学生時代に時々行っていた食堂での事です。

電話が鳴りそこの奥さんが出て謝っています。

「えらいすいません。

さっき出ましたさかいもう着くと思います。

ほんまにすいません。」

どうやら出前が遅いのでクレームがきたようです。

奥さんは電話を置くと主人に

「はよ行きっ。

ずいぶん怒ってはったで。」

主人はあわてて出て行きました。

よく笑い話で聞きますが実際見たのは初めてでした。



ジンギスカンライス

| コメント(0) | トラックバック(0)

京都での学生時代、食事は今より大変でした。

弁当屋はありません。

スーパーにも総菜売り場はありません。

よくあって巻寿司程度です。

ですから材料を買って自炊するか外食するかです。

自炊といっても即席麺が殆どです。

そんな中で学生の強い味方は大学生協食堂です。

ランチが150円でした。

鶏肉が殆どでしたがフライが多く腹いっぱいになりました。

大学以外での外食は王将のもんでした。

ジンギスカンが安かったのでいつもジンギスカンとライスでした。

懐に余裕があるときは餃子がつきました。

今思えば硬い肉でしたがとても懐かしさを感じます。

もう30年以上食べていません。

王将本部にメールで聞いたら

岡山では新倉敷店にあるそうです。

その地域に行くことはあまりありませんが

機会を作って行ってみたいと思います。



スミが稗を食べた

| コメント(0) | トラックバック(0)

雀の魂百までと言われますが

私も若い頃の知識で未だに忘れないものがいくつかあります。

中学校の地理の時間、アメリカ合衆国の五大湖を覚えるのに

スミが稗(ひえ)を食べた

と覚えるように言われました。

西から順に

す  スペリオル湖
み  ミシガン湖
ひ  ヒューロン湖
え  エリー湖
お  オンタリオ湖

こうやって覚えなければ1年も覚えていなかったでしょう。

語呂合わせの威力はすごいものです。



サルビアの花

| コメント(1) | トラックバック(0)

私が高3の時大ヒットした曲に”サルビアの花”があります。

もとまろや岩淵リリが唄っていました。

きれいなメロディーに悲しい歌詞がついていました。

でも大人になって聞くと歌詞に疑問がわくようになりました。

これってストーカーの歌ですよね。


いつもいつも思ってた サルビアの花を
あなたの部屋の中に 投げ入れたくて
そして君のベッドに
サルビアの紅い花 しきつめて
僕は君を死ぬまで 抱きしめていようと    (男の勝手な片思いです)

なのになのに どうして他の人のところへ
僕の愛の方が すてきなのに         (ふられただけです)

泣きながら 君のあとを追いかけて
花ふぶき舞う道を
教会の鐘の音は なんてうそっぱちなのさ (未練たらしいです)

とびらを開けて出てきた君は 偽りの花嫁
ほほをこわばらせ 僕をチラッと見た     (ふった男が外にいて怖かったんでしょう)
泣きながら 君のあとを追いかけて
花ふぶき舞う道を
ころげながら ころげながら
走りつづけたのさ



フォーク世代

| コメント(0) | トラックバック(0)

近所に大型書店ができ、新書、古本、新品CD,レンタルビデオCDとすごい品揃えです。

オープンセールでカードを作ったら千円分の商品券がもらえました。

夫婦で作ったから2千円分です。

そしてCDは1枚100円で1週間のレンタルです。

夫婦で10枚借りて千円分商品券を出したので全くの無料です。

今までCDを借りることなんて無かったのですが棚を見てびっくりしました。

私の青春時代であるフォークの品揃えがすごいのです。

CDレンタルは若者がするものだと思っていましたが

店はおじさん、おばさん世代もしっかりターゲットにしていました。

フォーク時代のCDをいっぱい借りてPCに取り込みました。

そして返却し、次を借りようとしてさらにびっくりです。

フォーク音楽の棚が殆ど空になっています。

私と同じ行動を取ったおじさん、おばさんがいっぱいいたのです。

団塊の世代とはよく言ったものです。



蝙蝠

| コメント(0) | トラックバック(0)

黄昏時に蝙蝠が飛び回るのを見ました。

蝙蝠を見ると、夕方まで遊んで

蝙蝠が飛ぶのを見ながら帰った子供の時を思い出します。

蝙蝠には何か不気味なものを感じていましたが

米国のバットマン、日本の黄金バットが少しは親近感を与えてくれました。

イソップ物語でも悪く描かれ 姿もグロテスク」なのに

日米で正義の味方になったのはどういう訳があったんでしょうね。



ヒーロー

| コメント(0) | トラックバック(0)

私にとって最初のヒーローはナショナルキッドです。

その当時は圧倒的に月光仮面が人気でした。

ところが私は幼稚園の時買ってもらっていた月刊誌「ぼくら」に連載されていた

ナショナルキッドに夢中になりました。

月光仮面は唯の人間(?)です。

オートバイに乗り拳銃を撃ちます。

これでは普通の人間(?)です。

ところがナショナルキッドはレベルが違います。

空を飛び、海を潜り、エロルヤ光線を撃ちます。

どちらが上か幼稚園児にも一目瞭然でした。

そしてナショナルキッドの後継者は七色仮面、エイトマンとなっていくのです。



パフ

| コメント(0) | トラックバック(0)

日曜日の朝5時台に時事放談があります。

時事放談と言えば細川隆元、小汀利得の両氏が有名ですが

小汀利得さんが降板したあとは高校の大先輩、藤原弘達さんも出演されていました。

前述の出演者方は歯に衣着せない内容でしたが

当然と言うか超保守的な考えのように思え

若いころはとても共感できませんでした。

その番組の流れを汲む現在の放送を見て

一番驚いたのがエンディングの曲でした。

何とピーター・ポール&マリーの「パフ」が使われていたのです。

PP&Mと言えば反戦フォークで知られ

パフもベトナム戦争の当時、反戦歌のようなものでした。

Puff, the magic dragon lived by the sea

この歌詞の意味は海に住む竜の息と言うのが表向きで

太平洋岸にある米軍基地の攻撃機のミサイルを指していると

聴いた事があります。

まあ現在この番組の視聴者は50、60代が殆どでしょうから

この世代は学生運動に身を投じた人も多いわけで

その人たちを対象の番組がパフを流すのも当然と言えば当然ですが

やはりつくづく時代が変わったと思わざるを得ません。



アーカイブ

最近のコメント

送料込 ブレンド3種類入 お試しセット 100g×3種⇒1240円、200g×3種⇒2170円

メッセージカード同封いたします

売れ筋ランキング
第1位
鞆の浦ブレンド
鞆の浦ブレンド
620円 / 200g
第2位
ゴールデンブレンド
ゴールデンブレンド
620円 / 200g

第3位
鞆の浦ブレンド
鞆の浦ブレンド(業務用)
2,480円 / 1kg(5kgより)
第4位
イタリアンブレンド(業務用)
イタリアンブレンド(業務用)
2,480円 / 1kg(5kgより)

第5位
モカ
モカ
700円 / 200g